うそにっき

しごととほんとおさけとひとりあそびでこうせいされています。

ソファが欲しい

新居にどーんと置いて、目の前のローテーブルにお酒でも置いてダラダラ飲んで見たいなあという願望がある。

朝もソファに座って食べたら幸せだろうと思うし、とにかく人に怒られない一人暮らしくらい、ソファを基準とした生活をしてみたい。

 

しかし見取図片手に何度見てもゆとりのあるソファのある生活じゃなく、ぎゅうぎゅう詰めでソファをぶっこんだ部屋にしかならないので、諦めてつつあるけれどなんとかどうにかうまくおさまったりするんじゃないかと思って今も悩んでいる。

 

いいなあソファのある生活。

 

ベッドをソファがわりにしろという人はそのロマンをわかってない。

 

外から帰ったらそのままベッドに座るなんて許されない行為だ。

だってベッドが汚れてしまう。

お風呂上がりでぴかぴかになった体にだけ許される行為がベッドに飛び込むということだ。

ただし飲み会の帰りは除く。それどころじゃなく眠いので。

化粧落とせてパジャマに着替えられるなら許可します。

 

でもソファならそれが許される。

仕事から帰って、着替えたりする前に一旦座ってうわああ疲れたああとなることが許される。

ふかふかのボディで家主を包み込んでくれたりする筈なんだ。

そうしたら一緒立ちたくないくらい幸せな気がする。洗い物も全部億劫になりそうだなあ。

 

いいなあダメ生活一直線だって今やっと気付いたけどソファ置きたいなあ…!