うそにっき

しごととほんとおさけとひとりあそびでこうせいされています。

七夕だから

金曜で七夕なんて飲む以外の選択肢がない!と通勤経路でもないくせに東京駅の駅ナカに降り立った二十代独身女性です。目的は普段買えない日本酒購入。ダメ感がすごい。

 

東京駅はお祭りみたいにずらりと見慣れない商品が並んでいて、がやがやと賑わっていていつも華やかだ。ハレの日の買い物のための場所って感じがする。駅を出ると建物の感覚が広いせいでがらんとした印象があるけれど、駅ナカはいつもキラキラしている。

本当は大丸の方がキラキラしてはいると思うが、駅ナカならば電車代もかからないという無敵な発想が今回の買い物の根拠なので、いつものお酒を売るコーナーに向かう。

 

前はスパークリング系のみだった筈のエリアは日本酒と酢が売られる謎エリアになっていた。

ここも酒瓶がずらああっと並んでいて、見ている客も真剣そのもの。みんな飲む気満々って感じだ。最高。

客層はほぼ男性で、その中にぽつんと女性がいる感じだけど、この程度で物怖じするようなことはなくなってしまった。

 

 

昔、友人が出ると聞いて社会見学気分で行った同人誌即売会は恐ろしかった。ガチ男性向けエリアにしれっと彼女が出たので、ですごくカオスなイラストと男性しかいない道を進んで友人のスペースを捜索するという地獄。社会見学気分で行くものではなくあれは歴戦の猛者の祭りなんだと再確認した瞬間だった。素人立ち入り禁止。

 

 

ともあれ今回は日本酒だ。

正直日本酒は詳しくない、澪くらいしか知らない。

あと獺祭と無冠帝とすず音とか。

ちょっとした変わり種系は一応。

 

獺祭は圧倒的知名度通り美味しい。

無冠帝は瓶がうすい青色で美しいからついためてしまって、酒好きのダメな大人の部屋になりがちなので注意が必要だと思う。

すず音はスパークリング日本酒だけど、澪よりも柔らかく優しい味で、値段も澪よりずっと高いのでちょっとした贅沢用って感じだ。

 

今回はすず音とあと一本飲んだことない日本酒がいいなあと色々検討する。

味は尖ってなくてまあるい味の方が好きだ。酒豪の祖父曰くそれは辛口甘口では分類されない嗜好らしく、頼りになるのは日本酒の説明書きと分類のみ。

比較的純米系だと好みの味に当たることが多いので、そこら辺で攻めることにしている。

 

今回の店は味の傾向などが記載されていなかった。つまり選択する手段は分類と瓶の見た目のみ……!

 

結局買ったのは青い瓶でロゴがシンプルそのものっていう感じの「奥」

味はどちらかというととがった感じだった。

 

すいすいと飲めるので作業がてら飲んでたら気付いたらベッドの上にいたので……なんというかまあお察しください。

 

多分そういう拠点

仕事が終わって通知を見たら大好きな漫画家さんである川原泉さんの6年ぶりの新作を

 

購入したとの母の連絡と

 

新作が発売されてたよとの友人報告

 

がきていた。

 

あと、別の作品の原画展なーうっていう別の友人からの報告もきていた。

 

こういう報告をもらえるのは正直助かるしありがたい話だけど、一気に来ると己はなんの情報局なんだと動揺する。

つまりそういう担当である……ダメ度高いな?

 

ソファが欲しい

新居にどーんと置いて、目の前のローテーブルにお酒でも置いてダラダラ飲んで見たいなあという願望がある。

朝もソファに座って食べたら幸せだろうと思うし、とにかく人に怒られない一人暮らしくらい、ソファを基準とした生活をしてみたい。

 

しかし見取図片手に何度見てもゆとりのあるソファのある生活じゃなく、ぎゅうぎゅう詰めでソファをぶっこんだ部屋にしかならないので、諦めてつつあるけれどなんとかどうにかうまくおさまったりするんじゃないかと思って今も悩んでいる。

 

いいなあソファのある生活。

 

ベッドをソファがわりにしろという人はそのロマンをわかってない。

 

外から帰ったらそのままベッドに座るなんて許されない行為だ。

だってベッドが汚れてしまう。

お風呂上がりでぴかぴかになった体にだけ許される行為がベッドに飛び込むということだ。

ただし飲み会の帰りは除く。それどころじゃなく眠いので。

化粧落とせてパジャマに着替えられるなら許可します。

 

でもソファならそれが許される。

仕事から帰って、着替えたりする前に一旦座ってうわああ疲れたああとなることが許される。

ふかふかのボディで家主を包み込んでくれたりする筈なんだ。

そうしたら一緒立ちたくないくらい幸せな気がする。洗い物も全部億劫になりそうだなあ。

 

いいなあダメ生活一直線だって今やっと気付いたけどソファ置きたいなあ…!

合コンに誘われる

合コン来ない?と友人の誘いがくる。

 

自分は一応恋人のメガネ氏とひっそりこっそりとデートしたりしているわけだけれど、他人との定期連絡なんてものをこよなく憎んでいる自分は、いわゆる恋人らしい定期的な連絡が足りないので、雑にしか連絡を取っていない現状がバレると友人のお説教が発生するリスクがある。

「デートなんて楽しいわけないじゃん(でも楽しませるのがプロのカノジョです)」と言い放つプロカノジョである友人なので不用意な発言をしたら、多分自分は翌朝東京湾に浮かんでいる。

 

 

そこら辺が正直面倒なのもあって、ごく一部にちらっと話す以外は家族にもほぼほぼ公開しないでいる。

独り身の社畜OL設定で今日も生きてます。元気です。

家族にいい加減彼氏はできないの?と言われ先日も謝罪しました。

 

 

さて、合コンである。

自分はメガネ氏くらいの人格者相手じゃないと恋人関係の維持は困難だと思っているし、それか自分自身の主義が変わるくらいの何かがないと無理だと思っている。

 

 

まあ常套句のその日は用事が、で断るかーと画面を見直したら指定日はどう見直しても金土日とかではなく翌日もお仕事のある平日だった。キラキラ退社できるOLのための集いだった。

 

 

いや、そもそも無理。

いくらなんでもためすぎた

本でも漫画でもシリーズものが一番好きだ。

いくらでも続きがあるというのは、頁をめくるのが大好きな人間にとってはたまらないものがある。

最近は電子書籍を覚えたので一括シリーズ買い等もサクサクしている。電子書籍は頁をめくる風情がなくて味気ないこともなくはないけど、拡大縮小して読めるので近視乱視持ちには案外便利。

 

割引とかも多く、財布事情にも多少は優しい。何より本棚に収まらない悲劇を回避できるのは、六畳の自室の壁一面が本棚になっている人間にはありがたいものがある。

 

それでも学生学生時代から読んでるシリーズとかは紙の本で買うから本棚は常に圧迫されていたりする。

しかも学生時代のバイト代が月で1-2万時代に揃えた本棚だから本棚の役割を一個999円とかの3段カラーボックス5個を横に倒して担っているのである。

漫画だと上下手前奥と無理やり詰めてぎゅうぎゅうだ。

本は隙間に埋め込むように配置しているのでさらに悲劇的なことになっていたりする。

 

さて、この度一人暮らしデビューとなったので引っ越し会社への報告を兼ねて、大体の書籍冊数を計算することにした。

 

本やら漫画が埋まっているカラーボックスは6個×3段で全部で18マス

そのうち1マスは雑貨用なので全体で17マス分が漫画やら本やら雑誌やら用。

 

漫画を入れているのがが7マス

本を入れてるのが4マス

雑誌とか美術本とかが5マス

同人誌が1マス

という内訳で換算。

 

本棚を見ると人格がわかるというがこの内訳で自分の素性がバレバレである。同人誌購入に抵抗はないけど、定期的なイベント参戦はしないタイプのオタクです。御機嫌よう。

 

 

さて、漫画は数えやすく最低でも一列17冊くらい。

それが上下手前奥の配置で

17×4=68冊が1マス分

68冊×7マスで476冊

 

……最低値計算で漫画が500冊近くある。

最近本棚から溢れつつあるので手元にほぼ500冊あるということになる。

全てが嫌になってきたが仕方ないので次の計算に移ることにする。

 

次は書籍だ。

書籍も隙間に埋めているせいでさらに漫画エリアよりぎゅうぎゅう詰めだが厚みは変わらないので、同様に最低値1マス68冊で計算してみる。

68冊×4マスで272冊

 

……どうしよう既に500冊どころか700冊の大台に乗ってきてしまった。

この六畳の部屋の収納性の高さに呆然である。

 

次に雑誌系のゾーン

こちらはは薄い分は詰め込んでいるが奥行き的にそこまで入らす1マス20冊ほどと計算

20冊×5マス=100冊

 

他のマスより少ない冊数に安心しているがそもそも狂気に溢れているこの収納性。

新居ではカラーボックスは破棄しようと思ったけど全部カラーボックスにしておいた方がいい気もしてきた。

 

そもそも自室は本棚代用以外にも六畳の空間に洋服ダンス代わり、雑貨収納目的でカラーボックス11個を駆使しているカラーボックス御殿。

収集癖のある自分にはこれくらい収納が高くないとどうしようもないのかもしれない。

 

最後に同人誌はざっと手で数えて50冊ほど。

 

以上が自室の書籍漫画類。

それを合計すると

476+272+100+50=898冊

 

多分本棚から常時数冊は溢れているので900冊は確実に超えている。

 

 

 

 

……自分は一体、どうすればいいのでしょうか。

無賃労働キメてしまった

この世で嫌いなものNo. 1といえば名前を言ってはいけないイニシャルG一択なんだけど、その次くらいにはサービス残業が入るかもしれない社畜です。

 

というか無賃労働。

只働き。

 

頑張って、家で本でも読んでてたいのに残ってお仕事して、それなのにタダ。

昔キラキラ女子大生だった頃、えらい人に「仕事は嫌なことをやるもんだー」ってドヤ顔されてしまい、内心で(つまり今自分は絶賛労働中……!)ってなって以来、まあ札束に頭下げてるのだ自分は…と思って生きてる系社畜なのにタダ働き。

 

サービス残業という言葉の軽さはよく言われているけど、無賃労働っていうと悔しさが半端ない。

 残業無制限も地獄だけど残業制限したら只働き。

多分目を向けるのってその前段階だよね!!!って全国の社畜が叫んでるのにえらい人笑顔で無視する傾向があるの本当に良くないと思います。

 

 

ちなみに自分は周囲にお金好きだから今の仕事選んだって笑顔で言い切るタイプの人間なので、無賃労働って言っても25分間だったりする。

うううう悔しい。

 

残業の計算を間違えた様です

水木金で3日だから残業5時間でどうにかやりくりしよう!と昨日の朝は思っていた筈なのに今計算するとなぜだかあと2日で2.5時間でやりくりしないといけないって気づいて震えてる……

 

うっかり大丈夫ですよーちゃんと制限内で抑えますよーと昨夜先輩に安請け合いしていた自分を殴りたい衝動に駆られる始業前。

せめて朝頑張ろうと思ったのに、湿気で髪がまとまらなくて苦戦してたらまだ電車。あー