うそにっき

しごととほんとおさけとひとりあそびでこうせいされています。

風邪をひく

実はずっと微熱で風邪をひいてはいたけど、仕事との両立を考えるとまだ寝込めないとひたすら睡眠時間増やしたりご飯たくさん食べてたらついに熱が上がった。

やっと体が回復のために戦う気になったらしいと嬉々として、職場に連絡を入れる。

死にそうな声を駆使して連絡を入れるのもお手の物になってしまった。

 

さて風邪である。

風邪の時はポカリとプリンとうどんを摂取してひたすら寝ることにしているが、 今回は1人暮らしでの発熱。

甘やかしてくれる家族はいない。

 

昨日から嫌な予感がしていたために用意していたうどんを煮込んで食べてみた。母の教え通りに味付けすると、完全に求めていた味になって、1人で生きていける自信がさらについてしまった。

 

洗い物だけ済ませるとまた寝直す。

熱は若干上がり続け寝苦しい。

 

昼食も自分で用意しなければならないことに気づいて、そもそもポカリもプリンもないことに気づいて、家族の偉大さを一瞬感じるがそもそもこれは病院帰りに自分で入手するものだったことを思い出す。

うっかり実家の思い出を美化させかけていた。

 

そういえば以前読んだ漫画であった風邪の時の冷やし茶碗蒸しは美味しそうだったと思ったため漫画を引っ張りだしてレシピを見る。

出汁からとる本格派だったため断念。

醤油はあれど料理下手な1人暮らし。調理酒までは用意していない。

以前、醤油みりんなどは麺つゆで代用できるとの言葉を頼りに検索すると出汁すらいらないレシピを発見する。世の主婦は偉大なので蒸すどころか電子レンジを駆使して茶碗蒸しを作っていた。偉大。

 

濾すような道具がないため苦戦しつつも電子レンジへ。

 

結果綺麗にたっぷりの穴が空いた「す」だらけの茶碗蒸しが出来上がる。

 

つるんとした食感とは、と思いつつ調べると電子レンジでの茶碗蒸しは「す」が出来やすいらしい。先に知りたかった。

 

再度寝直し夜は冷奴とプリンで求めてたのはこれですよ!と1人で浮かれる。

 

寝て翌朝体温を測るとまた微熱状態だった。切ない。

 

冷凍する

1人暮らしという視点でスーパーに行くと実家なら一週間もあれば普通に消費されるような食料に怖気付く自分に気がついた。

 

キャベツとかブロッコリーとか大根とか。

半分で売られているものでも、きっちり一週間で使い切れるのかと考えるとくらくらする。

それは肉も同様で。

実家なら毎日二パックくらいは買っていたのに、自分で一週間で消費できるのかと考えるとちょっとしたホラーだ。

 

特に夏場。

生ものは腐りやすい季節だ。

得意料理は一時期ホテルの朝食レベルのものを覚えたいとマスターしたオムレツのみ。という謎な一品特化の自分に毎日の消費期限を検討しながらの配分がうまくできるわけがない。

 

ちょうど一週間分の米を炊いて冷凍したところだったので、他も冷凍してしまえと検索してみたら水分をとったりすればほぼほぼ冷凍できるようだった。凄い。

 

現在冷凍実施食材

 

ご飯(一膳ごとにラップでわけて)

鶏肉(キッチンペーパーで水気をとったあと一食分ごとにラップでわけて)

ブロッコリー(茹でたあと水気をとって一食分ごとにラップでわけて)

スライスチーズ(個別包装のまま)

キャベツ(炒めもの用にざく切りしてそのままジップロックへ)

 

今後冷凍予定食品

バケット

豚コマ

ピーマン

生卵

 

 

 

 

ダンボール部屋

900冊あったうち200冊くらいは売って、書籍類ははほぼ捨てずに引っ越しをこなすことになった。

 

家具は購入して午後届くので大丈夫だろうと思っていたけど気付いたら床一面ダンボール。これで寝れるのだろうかと思い悩む。

 

ひたすら片してどうにかなる。本当にベッドの上からものを退けるだけでもスペースが空いて安心した。

背後の無賃労働相談会

背後で行われる、どうやって端末等のシステムを誤魔化してサービス残業をするか相談する先輩方の声を聞きながら、きっちり申請している自分は悪い奴なんじゃとの錯覚に陥る。

 

その人達はサービス残業するけど仕事はする奴として部署内での評価が悪いものではない。

けれどえらい人にはやめてくれと一応建前として釘を刺されていて、もっとえらい人にはガチで勘弁してくれと睨まれている。

 

けれど人は多少遠くの人に睨まれる程度は怖くなくて、近くの沢山の人に厭われる方が怖いのかもしれない。

 

だからずーっと続けてしまう。

あまり宜しいとは思えないけれど。

 

 

 

同期の無賃労働常習犯に「愛社精神に溢れてるのは悪いことじゃないけど、他の人のためにもやめて欲しい」と言ったら

愛社精神なんてないんだ」

「でも他に迷惑かけちゃうから」

「自分しかできないから」

と謎に誇らしげ。

 

遅ければ遅いほど残業代はカサ増しするから1時間平均で1500円弱、毎日捨ててるって無敵だなあと思うのだけれど。

下手したら毎日2-3千円くらい捨ててるのかもしれない。

 

 なんだかなあ。

自分だったら意地でも申請するししてるけどなあ。

先月は愚かにも750円ほど捨ててしまったけど。

なんだかなあ。

荷造り〜アニメを流しつつ〜

荷造りの作業中というのは単純作業だからこそ、脳内が心底暇だ。

 

かと言って手は忙しいので、本は読めないしネットサーフィン系も却下。

音楽流してもそこまでの暇つぶしになる人種ではないのでこちらも却下。

 

では何をしようと考えて録り溜めてたアニメ視聴しつつ手を動かす。

 

正解するカドの展開の熱さに感動して、ちょうど連絡が来ていたメガネ氏に報告したら、いやその時間でオレと遊ぼう?と言われてしまった。

なるほど、でも無理。

 

 

 

 

 

 

今は異世界食堂アニメ化が熱いです。

多分不思議の国

家電量販店に引っ越し用の家電を買う。

 

先月から定期的にきては気になるメーカーのものを写真に撮ったりしていたのだけど、日曜に買おうとしていた店に行ったら冷蔵庫が8000円ほど値上げしていた。何事だ。

 

商品の置かれた位置で覚えてため実は違う商品だったのかもしれないと画像と照らし合わせても、型番も一致するというか全く同じ商品で、不思議の国に迷い込んだような気持ちになる。

しかも値札には大幅に値下げしましたとの印刷付き。

しかし実際は大幅に値上げがされている。

謳い文句1つでお得感を演出する家電量販店に困惑するというか、家電量販店無敵か。

 

困っていると店員がきて、実はこの時期は値段が上がるんですと言われても、こちらもそんな事情を言われても困ってしまう。

元の値で検討できるはずです。と言われたので他の商品の価格も確認したかったため後ほどきますと伝えて、別のエリアへ。

 

ありがたいことに他の商品は値段が変わっていなかった。

 

ついでにネット店舗で見かけた洗濯機を探しているんだと、画面を見せて別の店員に伝えると「安っ!」と一言。自由か。外面取れてんぞ。

店員曰くメーカーは信頼が置けるものだし機能も1人暮らしなら問題ないだろう。と売りつけようとした高機能洗濯機の横で語られる。ちょっと悔しそうなのは多分気のせいではない。

ネット店舗だがここでもまとめて注文できます。と言われてじゃあお願いしたいけど他の物も買う予定だと伝えると、

「どこですか?」

とついてくる満々。

店員1人を専属にしてしまった。

 

せっかくなので、と狙っていた電子レンジのコーナーについてきてもらう。

店員がレンジ機能のみのものを勧めようとするのを無視し目的のオーブンレンジを指し示すと、

「結構本格的なの選ぶんですねー」

と店員。

どこから目線なのかとつっこめない。

なんか凄い、この店員何者だろう……クレームとかたくさん来そう、と他人なのに心配になる無敵さだ。

 

 あとは問題の冷蔵庫である。

先程と同様に画面を見せつつ値段の移り変わりへの困惑を語る。

要はせめて先週の価格まで値下げしろやということなのだが、大人なのでそういうことは言わない。これが大人ってやつか…と思いながらどうにかなりませんか…?と聞いてみる。

この近くまでは下げられるはずです。と無敵店員のくせに弱気な回答。

さっきの店員さんは下げてくれるって言ってましたよーとしれっと爆弾を投下しておく。

掛け合ってきますとテーブルを用意されて待機。

おっせえなーと呑気に待っているとやっぱダメでした、とのこと。

で、結局2000円と端数分の値引きになったらしい。

ポイント分とかでもうちょっと下がるんじゃないですか?とか言ったらそれでこの値段でとボソボソ言っていて聞こえない。

店員、暫く考えると、そうだ!と新しい提案をしてくれたのだが具体的な数字無しに語られてもわからない。

 

結局支払いはいくらになるんですか?と聞いたところちょっと待ってくださいと関数電卓を取り出す。

 

関数電卓

 

やっぱりこの無敵さは関数電卓を日常的に使った経験がある人種だからなんだ!と偏見に満ちた結論に達する。

断言してもいいけど会計の計算程度で関数電卓をあえて買わない。

 

値段は納得のいくものだったので手続きを進める。

 

住所やら氏名やら生年月日やらを書き込んでいると店員からおいくつですかと聞かれる。

書類に書いてるし、と年齢を素直に伝えると「21くらいかと思いましたー」と一言。

なんだこの流れ。中々当たらないんですよねーとか若干悔しそうな店員は本当に無敵すぎるな!?

アンケートですらないらしく、純粋な興味で聞いてきた店員に困惑しかない時間を過ごす。

 

その後も手続きの間に別の営業連れてこられたり(営業は普通の電卓を使っていた。その企業嫌いだからやだと断った)

 

さらにウォーターサーバー勧められたり(1人暮らしの部屋にはふさわしくないサイズ感なのでサクサク断った) 

 

してやっと会計。

ここまで長かった……と店員に連れ添われて会計エリアに向かう。

店員は勧めたウォーターサーバーが心残りらしくなんで断っちゃうんですかーと呑気に聞いてくるけどいらんもんはいらんのだ。

と理由付きで断ってたら無敵店員が一言

 

 

「やっぱ変わってますねー」

 

 

えっと、本当に無敵ですね。

お前に言われたくないとかいろんな反論が出たけど上手く出てこず、ぽかんとしてたら会計の順が回ってきて、無敵店員は消えていた。

 

 

あそこは本当に日本の普通の家電量販店だったのか今でも謎。

 

新しい部屋に夢見がち

せっかくの新居なので

アクセントクロスとディアウォールとワイヤーカーテンレールでレースカーテンするんだ。と妄想を実現するために今奔走してる。

 

夢の部屋は大変。